LINE予約
Web予約
電話予約
受付写真

みみの病気

急性中耳炎

鼓膜の奥に細菌やウイルスが感染し炎症を起こす病気です。耳が痛くなり、熱が出ることもあります。
乳幼児は痛みがうまく伝えられず、突然泣きだしたり、不機嫌になったりすることもあります。
炎症が酷くなると、鼓膜が破れて耳だれが出ることもあります。
耳と鼻は繋がっているため、鼻風邪が原因となることが多いです。
早期にきちんと検査を行い、抗生物質の内服などで治療を行います。
改善が乏しい場合は、鼓膜切開を行うこともあります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥に滲出液(炎症のために周囲の組織からしみ出た液体)と呼ばれる液体が溜まってしまう病気です。
耳がこもった感じがする、聞こえにくいなどの症状がでます。
お子様の場合は、痛くないため気付きにくく、聞き返しがふえる、TVの音が大きい、いつもより声が大きい、呼びかけても反応しないなどの症状で保護者の方が気づくこともあります。
鼻啜りや急性中耳炎後、長引く鼻炎などが原因となることが多いです。
まずは内服薬で治療をしますが、治りが悪い場合は鼓膜を切開したり鼓膜換気チューブの留置を行ったりします。

外耳道炎

外耳(耳の入り口から鼓膜まで)に耳かきや綿棒などの刺激により、炎症が引き起こされる病気です。
耳がかゆい、ズキズキする、耳が痛いといった症状がでます。
ひどい場合には細菌や真菌(カビ)が感染し、耳だれが出ることもあります。
点耳薬や軟膏を用いて治療を行います。
炎症が強く治りが悪い場合や真菌が原因の場合は、外耳の洗浄が必要で頻回に通院いただく必要があります。

耳垢栓塞(じこうせんそく)

耳垢(みみあか)が耳の中に溜まってしまう病気です。
耳閉感(耳がこもった感じ)の原因として多く、耳栓をしたような自覚症状があります。
適切な器具を用いて丁寧に取り除きます。

突発性難聴

突然片方の耳が聞こえなくなってしまう病気です。
聞こえが悪い、耳が詰まった感じがする、耳鳴りがする、という症状が出ることが多いですが、重度の場合はめまいを伴うこともあります。
ウイルス感染や血流不良が原因とも言われていますが、はっきりとした原因は特定されていません。
なるべく早くステロイドの治療を行うことが望ましく、気になる症状がありましたら、早めにご受
診ください。
また当院ではステロイド鼓室内投与も行っております。

メニエール病

難聴・耳鳴り・耳閉感(耳がこもった感じ)に加えめまいを繰り返す病気です。
耳の奥にある内耳と呼ばれる部分が浮腫むこと(内リンパ水腫)が原因と言われています。
内服薬で治療を行います。
めまいがひどい場合は点滴を行うこともあります。